梅毒の感染経路!風呂・キス(唾液)等の性行為以外でも移るの?

14

 

性病の中の一つで、日本では江戸時代に多くの場所で蔓延した「梅毒」

 

江戸時代では梅毒の治療に効果的である「抗生物質」が

無かったことから感染すると、段々と症状が悪化していき、

いずれは死んでしまう非常に恐ろしい病でした。

 

しかし、戦後に「ペニシリン」という抗生物質が開発されてからは、

梅毒は感染してもペニシリンを投与すれば治る病気になったことにより

梅毒の勢力は激減し、驚異ではなくなったきました。

 

が!

 

2000年以降、日本では梅毒に感染する患者が増加しているのです。

 

そして、その増加数は感染者数が性病の中でも一番多い「クラミジア」

の次に多い「淋病」の数に匹敵するぐらい増えていると言われております。

 

ですから、頻繁に風俗に行く男性や風俗に勤めている女性にとって、

梅毒に感染することは全然珍しくないのです。

 

梅毒にもし感染してしまうときちんと病院に行って、

抗生物質をもらわない限りは、

 

自然治癒することは殆どありませんし、

そのまま放置すると命に関わることにもなります。

 

ですから、そんな怖い性病である「梅毒」に感染しないためにも

感染経路についてはキチンと知っていたいところです。

 

「梅毒ってお風呂でも感染してしまうの?」

「キスでも梅毒が移ってしまうのかな?」

 

きっとこのような人も多いと思います。

 

と言うわけで、

今回は「梅毒の感染経路」について詳しく述べていきますね。

 

 

様々な梅毒の感染経路について

 

baikin_genki(1).png

 

梅毒の感染経路には様々なものがありますので、

ココからは一つずつ丁寧に紹介していきたいと思います。

 

梅毒は感染力が非常に強い病原菌と言われていますが、

どのような行為で感染してしまうのでしょうか?

 

しっかり学んで「梅毒」に感染しないように

徹底的に学んでいきましょうね^^

 

性行為による感染

 

まずは梅毒の感染でも、

最も多いと言われるのが「性行為」による感染です。

 

むしろ、これ以外で梅毒に感染する人は

殆どいないと言っても過言ではありませんね。

 

で、この性行為による感染ですが、

 

梅毒に感染している人とコンドーム未使用で、

性器を使ったセックスをした場合に

「感染確率は30%〜40%」と言われております。

 

30%〜40%ってかなり高い数値ですよね。

 

単純に考える梅毒感染者と性行為に及んだ場合に

3回に1回は感染してしまうことになります。

 

もし、自身のパートナーが梅毒に感染していた場合は

コンドームをしていなかったら、確実に貰ってしまいそうですね・・・。

 

また、コンドームをしっかりとして

性行為に及んだとしても梅毒に感染しないと言うことはありません。

 

なぜなら、梅毒は性器を使った性行為以外である、

オーラルセックスやディープキスでも感染するからです。

 

そもそも梅毒感染者の血液や体液等に大量に病原菌が含まれており、

粘膜や皮膚に「傷」があれば簡単に梅毒に感染していまうのです。

 

ですから、性器を使った性行為以外である

オーラルセックスやディープキスでも、

 

口腔内に傷があった場合(歯肉からの出血や口内炎)や

素股等による摩擦から目には見えない傷ができた場合、

梅毒に感染する可能性は十分にありえるのです。

 

また、梅毒感染者が歯肉炎などで歯茎から出血していた場合は、

梅毒感染者の血液には大量の病原菌がいることにより、

 

そのようにフェラチオやクンニをされた場合は

梅毒に感染する可能性はグンと上がることでしょう。

 

さらに梅毒が悪化すると出てくる症状である

扁平コンジローマや硬性下疳などがあった場合に、

 

これらから出ている分泌物に触れると

感染確率は非常に高くなるので要注意です。

 

で、ココまで言ったことを軽くまとめますと

 

コンドーム無しでの性行為は危険なのは勿論のこと、

オーラルセックスやディープキスでも感染することから、

コンドームをしていても梅毒に感染する可能性がある

 

と言うことです。

 

さらに危険な同性間の性行為

 

これは多くの方は該当しないことかもしれませんが、

同性間で性行為をした場合は、

異性間よりも梅毒への感染率は高いことが言われております。

 

特に梅毒感染者の30%〜40%は、

男性間同士の性行為が原因だと予測が出ています。

 

これは同性間の性行為は妊娠の可能性が低いことによって、

コンドームを着用せずに性行為を行っていたり、

 

男性同士の場合はアナルセックス等の出血の傾向が高い行為をすることから

高いのではないかと言われております。

 

ですので、妊娠の可能性がないとしても

キチンとコンドームをつけて梅毒に感染しないようにしっかり予防をしましょう。

 

性行為以外による感染

 

長々と性行為による梅毒の感染経路について述べてきましたが、

ここからは「性行為以外」による感染について紹介していきます。

 

フレンチ(軽い)キスによる感染

 

フレンチキスでも唇などに傷等があった場合は

梅毒に感染してしまう可能性はあります。

 

しかし、ディープキスよりかは、遥かに感染確率は落ちますので、

そこまで心配しなくて大丈夫だと思います。

 

特に日本はあいさつでキスする文化ではありませんので、

そんなに心配はいらないと思います。

 

お風呂・トイレによる感染

 

梅毒は感染力は強い病原菌ですが、

梅毒自体は非常に弱い病原体ですので、乾燥や温度変化には非常に弱く、

お風呂やトイレで感染するということはまず殆どありえません。

 

母子感染(先天性梅毒)

 

これは少し他とは異なる感染ですが、

梅毒感染者である女性が梅毒をしっかり治療せずに妊娠した場合に

赤ちゃんに梅毒が感染してしまうことを言います。

 

現代の医学では早期に梅毒を治療すれば、

赤ちゃんに何も影響が出ないので大丈夫なのですが、

 

もし、放置してしまうと赤ちゃんに梅毒が感染してしまい、

早産・死産・奇形児となってしまう可能性が非常に高くなります。

 

自分のだけではなく、これから生まれてくる子にも

梅毒は影響が強く出ますので、しっかりと梅毒を治すことと

妊娠中は不用意な性行為を避けることが賢明と言えるでしょう。

 

輸血による感染

 

これは現代の医療機関はしっかりしていますので、

今の日本では輸血による梅毒の感染は殆どありえないと言っていいと思います。

 

ただし、上記で述べた通り、

 

梅毒感染者の血液には沢山の病原菌がいることから

もし梅毒感染者の血だった場合は感染する可能性は非常に高いでしょう。

 

注射器のうち回しによる感染

 

これも現代の医療機関はしっかりしていますので、

まずはありえないと言って良いでしょう。

 

もし、あるとすれば覚せい剤、薬物使用者による感染ですね。

 

注射器のうち回しは血液による感染になることからも

感染する可能性は非常に高いでしょう。

 

色々と様々な感染経路について述べてきましたが・・・・・

 

N934_hohoemujyoi-thumb-815xauto-14432

 

と、言うわけで、

今回は色々な梅毒の感染経路について述べてきましたが

 

要は日常生活で感染する危険性は殆どなく、

「性行為」による感染が主であることがよくわかったと思います。

 

ですので、不用意な性行為をしている人は

今回記事で書いた内容をキチンと理解をして、

是非、危険な行為は避けて行ってくださいね^^

 

それが自分の身を梅毒から守ることに繋がりますよ。

 

 

※梅毒に感染しているかと不安な方は

以下の梅毒検査キットであれば一発でわかります!

 

自宅で簡単に検査できる梅毒検査キットはコチラ

実際に田邉が使用した性病検査キットの様子を見たい方はコチラ

 

 

性病の不安や恐怖を一瞬でオサラバしませんか?


ふじメディカルの性病検査キットを使えば

・誰にもバレずに性病を検査できる
・病院・保健所にわざわざ行かなくていい
・いつでも好きなときに検査できる
・検査の精度が高い(国内の横浜市登録衛生検査所の自社ラボで検査)
・性器を他人にじろじろ見られずにすむ
・匿名で申し込みができる
・検査後のアフターフォローが充実
・他のメーカーのキットよりもコスパが最強
・自社ラボなので結果が最短で2日以内で分かる

等、このようにメリットが超盛りだくさんです。


特に性病で感染しやすい病気を一気に9項目調べることもできるので、非常に便利です。
※詳しくは下部のリンク先を参照してください


もう性病の不安や恐怖に囚われない
心から安心した日々を過ごしませんか?


詳しくはコチラからドウゾ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ふじメディカルの公式サイトはコチラ

※田邉が実際にふじメディカルの性病キットを購入して世界一詳しくレビューした記事はコチラ




元気のなく意気消沈していた我が息子が完全復活!?


seibyouba-

>>息子の大きさも2.5cmUPした魔法の精力剤「シトルリンDX」はコチラ<<


>>自ら体を張り息子が2.5cmUPした田仲のリアルレビューはコチラ<<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ