竿オナニー 皮オナニー 亀オナニーとは?あなたは全部知っていますか?まずは基本的な方法を覚えましょう!

こんにちは。田仲です。

 

今日は男のオナニーについて述べていきたいと思います。

 

ところで、急な質問ですが、

アナタは普段オナニーをする際、どんなふうにしてますか?

 

突然、そんなこと言われても答えられないでしょう。

 

ちなみに

「竿オナニー」

「皮オナニー」

「亀頭オナニー」

というのはご存知でしょうか?

 

僕は恥ずかしながら皮オナニーと竿オナニーの違いがよく理解してませんでした。

 

今回はいつにも増してくだらないテーマですが、

もしかすると意外と役立つ情報かもしれないので

 

よろしければ読んでやってください。

 

 

では、基本的なことから始めましょう!

 

 

まずオナニーの力加減ですが、どれ位の加減で行っているでしょうか?

 

刺激が弱すぎると早漏侍になりますし、

逆に強すぎると不発弾となってしましまいます(笑)

不発弾とはいわゆる遅漏のことですね。

 

僕は基本的に弱めに擦ってなるべく長めに時間を取ってます。

だから早漏侍になるのは仕方ないかと割り切ってる部分があります。

 

あまり強い刺激を与えすぎて遅漏気味になってしまうと

勃起障害(ED)の可能性がでてきますので

その辺との兼ね合いもあります。

 

射精できなくなって病気になっても困りますからね。

>>遅漏が引き起こす怖い病気<<

 

 

でも、もっと持久力を得たいのでしたら

強い刺激を与えてペニスの持続力を強化していきましょう。

 

そして、オナヌーをする時の姿勢ですが

次の5つが一般的でしょう。

 

・仰向け

・正座

・あぐら

・体育座り

・横臥(横向き)

 

僕がよく行うのは体育座りとあぐら。

 

オナヌーのオカズにAVを使うことが多く普通に刺激を与えてたら

フィニッシュシーンまで辿りつけないものですから

弱めでじっくりシコシコ煮込んだスープのような感じで

弱火でじっくりと快感を高めていきます(笑)

 

 

時間をかけてジックリと温めていきますので

ほかの3つ(仰向け・正座・横臥)でオナニーすると

疲れたり手足がシビレがでてきたりします。

 

逆に注意力が散漫になって射精を弱められるという考え方もあるので

敢えてそうするのもいいとは思いますが僕はやりません。

この辺は好みの問題になるかと思います。

 

 

僕の場合はセックスとは違う幸福感を味わいたいがために

オナ二ーしてるので、この辺は分けて考えてます。

妻帯者はオナニーのことをこの様に考えている人も多いのではないでしょうか?

 

 

あと、女性と比べると一般的とは言えませんが

オナニーをする際、手淫ではなく道具を使うてもあります。

有名な所でTENGAなどに代表されるオナホールですね。

 

オナホールは女性器に似せたおもちゃで非常に良くできてます。

商品として発売しているので

中の構造が非常に凝っていて物が多くて名器揃い。

 

ここではあまり詳しくは書けませんが

本当に凄い物が多いので、最高の擬似性交を演出してくれます。

 

 

 

しかし、ヘタすると生身の女性では満足できなくなる

可能性もあるのでご注意ください。

 

妻とのセックスがご無沙汰だったころ

まんまとオナホールにハマってしまい

抜け出せなくなった時期がありました。

 

いまはペニス増大効果もあって夫婦仲が回復したので

オナホールは封印しました。

AVと同じく中毒性があるので、その辺を考えて使いましょう!

 

また、オナホールは膣内障害(遅漏)の治療器具としても利用されてます。

あまり刺激の強くないソフト系のオナホールを使用すれば

遅漏の改善が見込めます。

特に床オナニーが原因で膣内障害になった患者に対して

効果が高いと言われております。

その際にはローション等の潤滑剤を十分に塗布するように心がける必要があるそうです。

 

geru

 

竿オナニーでやさしくしてねっ?

 

 

では本題に入ります。

 

まずは竿オナニーで、オナ二ーの基本的な刺激の与え方をご紹介していきます。

 

竿オナニーとは簡単に言うと亀頭に皮を被せず行うオナニーです。

仮性包茎が酷くなければ大抵の人はこのオナニー法だと思います。

 

若かりし日の僕は、この竿オナニーに憧れてました。

 

幸い真性包茎やカントン包茎ではなかったので包茎手術は必要はなかったのですが

勃起時にも皮がダブついてしまうほどの仮性包茎でしたので

竿オナニーをしようにも、自然と亀頭へ皮が被ってました。

 

しかし、ペニスの成長によりようやく竿オナニーを行っても

亀頭に皮が被ることは無くなりました!

 

それに気付いたあの時の感動は一生忘れないでしょうねっ!

大は小を兼ねると言いますがまさにこの事です!(笑)

まだ、短小ペニスの人はマジで取り組んだ方がいいですね!

>>ペニス増大のオススメサプリ<<

 

 

 

 

ちなみに竿オナニーができるようになると

様々な形のオナニーに挑戦することができます。

最近のお気に入りはお祈りしごき。

 

短小時代はローションを使ってジェルキングのような状態で

無理やり竿オナニーをしていたのですが

長くなったおかげでローションは必要なくなりました!

 

いまではいい思い出です。

omoide1

 

皮は危険がいっぱい?!

 

 

僕と同じように

竿オナニーと皮オナニーを混同

している人もいるのではないでしょうか?

 

一般的に言われているオナニーとは

竿オナニーのことです。

 

 

対して皮オナニーは仮性包茎の人が愛用するオナニー法です。

というより、自然と皮オナニーになってしまいます。

オナニーはセックスの疑似体験と捉えている僕にとって

このコンプレックスが凄くイヤでした。

 

 

日本人の10人中7人は仮性包茎

 

と言われてるので、竿オナニーがデキる人は極小数でしょう。

実は僕も厳密にいうと仮性包茎ですが、ペニスの成長により大分緩和されました。

 

今でも勃起した状態で皮を引っ張れば被せることが出来る状態です。

とはいっても、余り皮の量はかなり減りましたけどね。

kawa

 

ちなみに皮オナニーの人が愛用している扱き方は

順手しごきと言われています。

僕も当時は順手扱きが主流でした。

 

順手しごきはペニスサイズが平均以上の人は

五本の指をすべて使って扱きますが

10センチ前後の短小ペニスだと手のサイズが勝ってしまい、

エンピツを握るように親指と人差し指、そして中指だけでペニスを握り

擦ることしかできないという悲劇が待ってます。

若かりし頃のほろ苦い思い出の1ページです。

 

pege

 

この仮性包茎の期間が長かったおかげで

僕のペニスは今でも亀頭と竿の間はかなり敏感です。

この部分が強化されればもう少し持続力が増すのですが・・・

まあ、チントレを継続していき、徐々に強化していきます!

 

kintore

 

鶴は千年、亀は万年

 

 

竿オナニーと同じくらい有名なオナニーが

この亀頭オナニーでしょう。

 

水道の蛇口をひねるように亀頭を刺激するこの方法は

メチャメチャ気持ちいいです。

 

 

また、巨根で有名なお笑い芸人ナインティナインの岡村隆史が亀頭派なので

それにあやかりたいという気持ちで一時期愛用していた頃もありました。

 

亀頭オナニーの場合はペニスのサイズは関係ないので

短小でも巨根でも同じ快感を提供してくれる素晴らしいオナヌー法だと思います!

 

一部では遅漏になったり短小の危険性が高まるといった意見が見られますが

僕の経験上、大きくなっても縮んだことはありません。

遅漏に関しては言わずもがな(笑)

 

鶴は千年亀は万年の言葉が示すとおり

オナニーでも亀頭は精力を持続させるには大事な部分です。

 

亀頭オナニーを愛用すれば

ナインティナインの岡村さんのようにBIGペニスになれるかもしれませんよ!

 

性病の不安や恐怖を一瞬でオサラバしませんか?


ふじメディカルの性病検査キットを使えば

・誰にもバレずに性病を検査できる
・病院・保健所にわざわざ行かなくていい
・いつでも好きなときに検査できる
・検査の精度が高い(国内の横浜市登録衛生検査所の自社ラボで検査)
・性器を他人にじろじろ見られずにすむ
・匿名で申し込みができる
・検査後のアフターフォローが充実
・他のメーカーのキットよりもコスパが最強
・自社ラボなので結果が最短で2日以内で分かる

等、このようにメリットが超盛りだくさんです。


特に性病で感染しやすい病気を一気に9項目調べることもできるので、非常に便利です。
※詳しくは下部のリンク先を参照してください


もう性病の不安や恐怖に囚われない
心から安心した日々を過ごしませんか?


詳しくはコチラからドウゾ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ふじメディカルの公式サイトはコチラ

※田邉が実際にふじメディカルの性病キットを購入して世界一詳しくレビューした記事はコチラ




元気のなく意気消沈していた我が息子が完全復活!?


seibyouba-

>>息子の大きさも2.5cmUPした魔法の精力剤「シトルリンDX」はコチラ<<


>>自ら体を張り息子が2.5cmUPした田仲のリアルレビューはコチラ<<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ