【男女ともに必見】男性と女性のオナ二ーの違い!女性がオナニーを嫌いわけとは?

こんにちは。田仲です。

 

人のことは言えないですが、男性は本当にオナ二ーが好きですよね!

 

逆に女性はオナニーよりセックスという人が多いそう。

人によっては男性のオナニー自体を軽蔑している人もいます。

この違いって何なんでしょうか?

gimon

 

女性がオナニーを嫌うワケ

 

結論から言ってしまえば女性は精神的な充足を満たすために

オナニーよりセックスを選びます。

 

しかし、女性は古くよりシェアする意識が強いので

誰かと共有しなければ満たされません。

 

以前、オナニーをあまりしない子に理由を聞いて

やっても虚しいだけだから

という返答されたことがあるので納得です。

 

しかし、このやり取りは今から20年くらい前の出来事です。

 

その間、女性の意識は随分変わってきたようで、

最近の調査など見ると性に対してオープンになりつつある風潮が見られます。

 

これはメディアが行っている女性の性に対するアンケートにも表れております。

 

あるアンケートで10年ほど前までは

「オナニーの経験はありますか?」という質問に「ある」と答えた割合が70%ほどで推移してましたが

最近は80%以上の女性がオナニーしているという回答しておりました。

 

これも映画「SEX AND THE CITY」や

ドラマ「昼顔」の影響なのでしょうか?

 

それとも、草食男子へのあてつけ?

 

どちらにせよ女性は以前よりオナニーの比率が高まってるようですね。

 

ただし、セックスとオナニーのどちらが好きか?という

質問に対しては圧倒的にセックスと答えてます。

 

 

また、男性のオナニーに対しても嫌悪感を抱いている女性は未だ多く

付き合ってる男性が回答した女性。

つまり恋人を思い出しながらオナニーしていた場合でもNGという人は未だに多いです。

 

 

それに対し男の子は?

 

 

それに対し、男性の意識も変化が見られるのだろうか?

 

と思い、調べてみたのですが・・・

 

調査概要

調査日:2013年1月
調査対象:47都道府県 20~60代男女
調査人数:14,100名(1都道府県300名、性年代均等割付)
(事前調査:29,315名)
調査方法:WEBアンケート調査

昔も今も全然変わってません!(笑)

 

この統計はコンドームで有名な相模ゴム工業の統計ですが

若い世代の童貞率が異常に高い数値を示しており、気になるところではあります。

 

いま若者の間で何が起きているのか?!

 

wakamono

 

 

先ほどの調査結果によると

20代男女の未経験率は約2割ほど差があり、30代になるとほぼ同数。

素人童貞を含めるともっと差がでるでしょうから正直この結果には驚きでした!

 

 

男性の童貞率の高さには驚きましたが

女性20代は10人中7人が経験済みということにも驚きました!

 

冒頭で掲示したオナニーに関する調査報告も踏まえて考えると

実際の処女喪失率はもっと高いのかもしれない。

という予測がこちらも立ちますね。

 

jyosyo

 

性活の不満をなくそう!

 

最近、射精障害に悩む人が増えているという話を聞きました。

特に若い男性に多いそうです。

 

この障害はオナニーのし過ぎによって

引き起こされる障害とのことですが

この記事を読んで、僕は強烈なオナニーのし過ぎなんじゃないか?と思いました。

 

onani

 

20年前までのオナニーの為に使用するメディアといえば

本かビデオ。ほぼこの二択でした。

 

しかし、インターネットの出現で携帯電話からでも

動画や画像が気軽に手に入れられるようになりました。

 

年を経る毎に過激な動画が流出してきてより現実に近い動画や画像が増えていった結果・・・

更に過激なオナニーを求めるようになったのでしょう。

 

その弊害として多少の性的刺激では興奮しなくなり、

射精障害を引き起こす患者が増えたのだと思います。

 

syogai

 

では、何故そういった方向へと走るのでしょうか?

それは現代のストレス社会がそうさせているのではないでしょうか。

 

今の会社はひと昔のように知識も経験もない未熟な若者を

ベテランがジックリ育てていこうという雰囲気がなく

すぐに結果を求められる時代です。

 

経験値が少ない多くの若者はその環境に戸惑い

過度のストレスを抱えてしまう。

 

そのために角が取れない若者は

精神的な安定を求めて過度なオナニーに走るのではないでしょうか。

近年、過激な犯罪が増えてる理由もそういった背景があるのかもしれません。

 

これは若者に限ったことではなく、

僕ら中年世代にも当てはまると思います。

 

若者が結果を出せなければ上司である管理職も責任を問われます。

そうすると同じくストレスを抱えた中年のサラリーマンは

奥さんとの性活にも影響が及び淡白なセックスになる。

そして、夫に満足できなくなった奥さんは不倫や浮気に走ってしまう。

 

 

僕ら夫妻も一時期、そういった状態になった頃がありました。

 

エナジードリンク片手に不眠不休で働いて

妻との夜の営みは徐々に減り、典型的なセックスレス夫婦になってしまいました。

そんな状況のなか、妻が放った一言のおかげで夫婦の仲と

僕の健康は見事守られることとなったのですが、

その弊害(?)としてオナニーの回数が以前より増しました。

>>田仲夫妻の愛の物語はコチラ(笑)<<

 

あの一件の後、ストレス解消を目的にオナニーに没頭しました。

時間を掛けず手軽にストレス解消でき、翌日の活力へと変わるものですから

一時期は学生時代に匹敵するほどの頻度でしてました(笑)

 

しかし、そんな状況でもペニスへ強い刺激を与えなかったので

サプリメントによる実践の際、ペニス増大は大成功したのでしょう。

同じようにサプリメントを飲んで失敗している人がいる中、

何故、僕は成功したのか?原因が少しわかったような気がします。

 

megane

 

>>田仲のペニス増大実践記<<

 

予想以上の結果に驚くとともに男のシンボルが立派で逞しくなったことにより

様々な面で自信を取り戻し、良い方向へと回り始めました。

 

ペニス増大はペニス自体だけを大きくさせるだけでなく

男の器も大きくさせてくれると実感しました!

 

これはあくまでひとつのキッカケでしかないでしょう。

僕は偶々、自信を取り戻すキッカケがペニス増大だったというだけ。

仕事で大きな案件を取れたとか

苦手だった料理が食べられるようになったとか

子どもに英語を教えたら英検合格したとか。

 

キッカケは何であれ成功(させた)体験は

アナタが関わっている他の分野にも良い影響を与えます。

是非、チャレンジ精神を忘れないでください。

 

challenge

 

 

リラックスして楽しいオナニーライフを送りましょう!

 

 

話は少し脱線しましたが・・・

女性が男のオナニーに対して嫌悪感を抱くという話から

チャレンジ精神を忘れずに!といった話まで読んでみていかがだったでしょうか?

 

僕も含めて世の男性は総じてガキです。

公園の隅っこで1人ミニカーを走らせて遊んでいる幼児は100%男の子。

その一人遊びが大人になってオナニーに走る傾向になるのだと思います。

 

sunaba

対して、公園で遊ぶ女の子はママゴトに代表されるように

誰かと一緒に何かをするのを好みます。

TwitterやLINEなどSNSを上手く使っているのは圧倒的に女性ですからね。

オナニーよりセックスに興味があって、処女率が低いのはそういった性質もあるのでしょう。

 

 

だからといって、男性はオナニーだけで満足してはいけません!

共に夜の営みを楽しめるパートナーを見つけ、家族を持ち

子どもを授かってその子を養い

時には共に笑い、時には共に泣く。

 

男としての喜びを目一杯、愉しんでいき、

不景気なんでぶっ飛ばしていきましょう!

 

 

性病の不安や恐怖を一瞬でオサラバしませんか?


ふじメディカルの性病検査キットを使えば

・誰にもバレずに性病を検査できる
・病院・保健所にわざわざ行かなくていい
・いつでも好きなときに検査できる
・検査の精度が高い(国内の横浜市登録衛生検査所の自社ラボで検査)
・性器を他人にじろじろ見られずにすむ
・匿名で申し込みができる
・検査後のアフターフォローが充実
・他のメーカーのキットよりもコスパが最強
・自社ラボなので結果が最短で2日以内で分かる

等、このようにメリットが超盛りだくさんです。


特に性病で感染しやすい病気を一気に9項目調べることもできるので、非常に便利です。
※詳しくは下部のリンク先を参照してください


もう性病の不安や恐怖に囚われない
心から安心した日々を過ごしませんか?


詳しくはコチラからドウゾ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ふじメディカルの公式サイトはコチラ

※田邉が実際にふじメディカルの性病キットを購入して世界一詳しくレビューした記事はコチラ




元気のなく意気消沈していた我が息子が完全復活!?


seibyouba-

>>息子の大きさも2.5cmUPした魔法の精力剤「シトルリンDX」はコチラ<<


>>自ら体を張り息子が2.5cmUPした田仲のリアルレビューはコチラ<<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ