【警告】中年男子オナニーを今すぐスべし!頻繁な射精は前立腺癌の予防に効果あり!

こんにちは。田仲です。

 

僕は自慰行為を禁止している者が称賛される今の若者の風潮がキライです。

僕は自慰行為が大好きですし、女性とセックスするのも大好きです。

天が与えた素晴らしい行為を自ら自粛するとは何事だ!という感じです!

 

 

自慰行為を禁止することで様々なリスクがありますが

ここ最近、注目されてきたことで前立腺癌の危険性です。

 

前立腺癌(がん)は若い頃に発症することは稀なのですが

段々と年齢を重ねるごとにそのリスクは高まっていきます。

 

オナ禁し過ぎることで考えられるリスクの代表例といえば、

 

・勃起障害(ED)

・生殖機能の低下

 

が挙げられます。

 

 

今回は生殖機能が低下することにより新しい精子が生成されず、

生殖機能が低下することで起こりうるリスクについてお話ししていこうと思います。

 

オナ禁を実践中、もしくは挑戦しようと考えている人にとって今回の内容は

生死に関わる内容ですので慎重に読み進めていってください。

 

Information

 

ストレスの解消

免疫力のアップ

男性ホルモンの正常化

試合(セックス)に備えたトレーニング効果

前立腺癌(がん)の予防

生殖機能の向上

勃起不全(ED)の予防

性欲の維持・向上

脳の活性化

早漏や遅漏の防止

(青い文字をクリックすると対象の記事へジャンプします)

 

 

生殖機能の低下が引き起こす危険性

 

 

オナ禁をすると生殖機能が衰えます。

そして、生殖機能が衰えるとさまざまな障害があります。

 

オナ禁によって発生するさまざまな障害のなかに

生涯にわたって脅かされ続けてしまう恐ろしい病気があります。

 

それが

 

 

前立腺癌(がん)の発症。

 

 

前立腺癌(がん)自体は早期の発見であれば、治療することで快復できる症状なのですが

発見が遅れてしまうと怖いのが他の臓器への転移。

 

前立腺は第二の心臓と呼ばれる太ももに近い部分です。

太ももには第二の心臓と呼ばれるように全身に繋がる

血管が集中しているため、まずその時点で危険。

 

実際に前立腺癌(がん)で転移する場所の多くは

その近辺の骨や骨盤リンパ節とのこと。

 

前立腺癌(がん)以外は末期癌(がん)になってから転移するケースがほとんどなのですが

前立腺癌(がん)の場合、早いステージで転移する可能性がありますので注意が必要です。

 

その8割以上が背骨、肋骨、骨盤などへの転移。

次に多いのがリンパ節への転移で特に多いのが骨盤リンパ節。

ちょうど足の付け根 (鼠径)あたりですね。

 

 

出して!出して!出しまくれ!

 

 

このように1体だけでは全然怖くないドラゴンクエストに登場するスライムのような前立腺癌(がん)も

複数のスライムと一緒に出現したときにキングスライムに変身してしまって

一気に脅威のモンスターになるように転移してしまう厄介な存在となります。

キングスライム

 

 

そんな前立腺癌(がん)を射精することで前立腺癌(がん)を予防できることが

10年ほど前からわかってきたのです

 

オーストラリアのメルボルン、

ビクトリア州がん協会のグラハム・ジレス博士をはじめとするチームが

2003年に前立腺がん患者と健康な男性約2300名を対象に実施した

性活に対するアンケートを行ったそうです。

 

その結果、射精する回数が多い人ほど

前立腺癌(がん)になりにくいことがわかったそうです。

 

前立腺癌(がん)は50代以降に発症率が高まるのですが、グラハム博士によると

 

若いときに自慰行為を頻繁に行っていた男性は前立腺癌になりにくい。

 

と結論づけております。

 

その際の発表では20代が最も効果が高く

週に5回以上、自慰行為をしていた男性はオナ禁の3分の1まで下がったそうです。

 

だからといって、年齢を重ねてからでは遅いのか?

と言われるとそうではありません!

 

変わりまして、2004年に米医師会誌「JAMA」にアメリカ発の研究として掲載された報告では、

1992年に当時46~81歳だった男性の約3万人を対象に2000年までの8年間の間で調査した結果

1ヶ月で3分の2以上の射精を繰り返していた被験者は週に1回以下の被験者に比べて

前立腺癌(がん)の発症率が3割下がることが証明され、

更に被験者の人数が多かったことから調査結果の信ぴょう性が高い報告として

世界各国でも話題となったそうです。

 

 

また、2004年の発表から約10年後の2016年。

同じくアメリカのハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らの発表で

射精する回数が前回と同じく1カ月あたりで3分の2以上の男性は

週に1回以下の男性に比べて前立腺がんを発症する危険が約2割程度低かったそうです。

 

ちなみに年齢別の内訳は

 

20代は19%。

40代は更に変化が顕著で22%の発症率の低下が確認されたそうです。

このように自慰行為による健康効果を裏付ける報告が続々となされております。

 

健康な男性なら自然と実行してしまう自慰行為が三大疾病のひとつである癌(がん)の

発症率低下への期待が膨らむのなら是非積極的にしようと思いますよね?

 

自慰

 

精力的な活動こそが健康への近道

 

 

上記の研究結果から

人間の機能は使い続ければ使い続けるほど逞しく健康な状態を維持できる

ことがよく理解できました!

 

普通に考えてみれば、一日中寝たきりのご老体より

毎日、畑仕事などで精を出してるご老人の方が元気で長生きしてますものね!

 

畑仕事

 

妻のお婆ちゃんは今年90歳を迎えたのですが、

毎日、台所に立って炊事をしたり、洗濯物を干したりと家事をこなしているものですから

90歳という年齢を感じさせないほど元気!

その快活ぶりは定期検診を担当している先生に驚かれるほどだそうです。

 

しかも、アイドルグループ・嵐が好きというヤング婆ちゃん。

いつまでも健康で長生きしてほしいものです。

 

 

更にペニスに関する2つの事例がありますので

ご紹介させていただきます。

 

岡山県の川崎医科大学泌尿器科学教室の永井敦教授は、

前立腺について、このような意見を述べてました。

 

————————————–以下、引用——————————————

前立腺は空になった精嚢内を、再度精液で満タンにするために働く。

射精回数が多いほど、前立腺は働き続け、前立腺の病気を予防できる

————————————– ここまで ——————————————

 

精嚢(せいのう)の中にある精液を絶えず循環させ続ければ

前立腺の性能が正常に保たれるといったところでしょうか。

 

水1

 

また、前立腺癌(がん)で亡くなった映画やテレビで大ヒットを記録した

失楽園で有名な作家の渡辺淳一氏は生前

 

————————————–以下、引用——————————————

異性への興味を持ち続ける人こそが生命力のある証。

異性に興味を失ってしまったら、人はすぐに“枯れた人”になってしまう

————————————–  ここまで    ——————————————

 

このように述べていたそうです。

 

先ほどの妻のお婆ちゃんの事例と照らし合わせると

 

常に何かに対して興味を持ち続け活動的な人生を送ることの大切さ

 

がよくわかります。

 

お婆ちゃんと比べ未だ半分しか生きてない若造・田仲は

人生の先輩を見習って生涯精力的に活動していきたいものです。

 

ということで、アラフォー田仲の半分しか生きてない若造ども!

健康に悪いオナ禁なんか一生懸命やってないで、

有り余るパワーを目一杯放出して人生楽しもうぜ!!

 

楽しい1

 

性病の不安や恐怖を一瞬でオサラバしませんか?


ふじメディカルの性病検査キットを使えば

・誰にもバレずに性病を検査できる
・病院・保健所にわざわざ行かなくていい
・いつでも好きなときに検査できる
・検査の精度が高い(国内の横浜市登録衛生検査所の自社ラボで検査)
・性器を他人にじろじろ見られずにすむ
・匿名で申し込みができる
・検査後のアフターフォローが充実
・他のメーカーのキットよりもコスパが最強
・自社ラボなので結果が最短で2日以内で分かる

等、このようにメリットが超盛りだくさんです。


特に性病で感染しやすい病気を一気に9項目調べることもできるので、非常に便利です。
※詳しくは下部のリンク先を参照してください


もう性病の不安や恐怖に囚われない
心から安心した日々を過ごしませんか?


詳しくはコチラからドウゾ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ふじメディカルの公式サイトはコチラ

※田邉が実際にふじメディカルの性病キットを購入して世界一詳しくレビューした記事はコチラ




元気のなく意気消沈していた我が息子が完全復活!?


seibyouba-

>>息子の大きさも2.5cmUPした魔法の精力剤「シトルリンDX」はコチラ<<


>>自ら体を張り息子が2.5cmUPした田仲のリアルレビューはコチラ<<


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ